授業科目概要

色彩は人間に様々な心理的・生理的影響を与えている。歯科技工において「美」「快」「個」を表現するために、色彩の効用を具体的に活用できる実践的な授業を行う。

本講義は、当学附属歯科診療所における歯科審美治療の実務経験(木暮)に基づいて行う。

学習目標(一般目標)

「色」について、基礎的な理論や体系的な知識を学び、生活や実務に活かすために全国服飾教育者連合会A・F・Tが実施する「文部科学省認定色彩能力検定3級」受験対応対策の講義を主に、文部科学省認定色彩能力検定3級合格を目標とする。

学習目標(到達目標)

光と色の関係について説明できる。
色の三属性と色立体について説明できる。
代表的な表色系(マンセル表色系やPCCS)が理解できる。
色彩調和について説明できる。
ファッションと色彩、インテリアと色彩、環境色彩を通し、色の心理的効果、色の持つ視覚効果が理解できる。

成績評価方法

検定受験者:検定試験の合否の結果(合格=100点,不合格=0点)100%
検定試験不合格者および検定未受験者:定期試験(試験は文部科学省認定色彩能力検定3級に準じた選択式問題で構成する)

成績評価基準

定期試験
 すべて検定試験に準じた選択問題とする。
 合計で合格点に達していても、到達目標に達していない分野に関しては、学修成果のために課題を課すことがある。

試験・課題のフィードバック

試験
 ①問題用紙は返却します。
 ②受験者は解答を控えて自己採点に努めて下さい。
 ③再試験を実施する場合、必要に応じて補講時間を設けます。

学修成果 (評価の目安)

◎標準的な達成レベル(良・可)
 文部科学省認定色彩能力検定3級合格
◎理想的な達成レベル(秀・優)
 歯科技工装置製作の際にマンセル表色系やPCCSを実際に活用できる

達成度の評価

ディプロマポリシー定期試験レポート課題受講態度合計
4060100
合計4060100

指定教科書

【テキスト】
文部省認定 色彩能力検定 対策テキスト 3級編
文部省認定 色彩能力検定 過去問題集2020年度2・3級
【教 材】
新配色カード199a 監修 社団法人日本色彩研究所

参考図書等

色彩検定対策予想問題集3級(早稲田教育出版)
日本伝統色(日本色研事業株式会社)
新ファッションビジネス基礎用語事典(光琳社出版)

留意事項

・あらかじめ教科書を読んで授業に臨むこと。
・講義後は復習をし、疑問点を整理すること。
・2022年度色彩検定試験日は6/26日(日曜日)である。
・検定申し込みの学内締め切りは5/20である。