授業科目概要

臨床では義歯の修理やリライニングを行うケースが少なくない。本演習では、義歯装着後に起こりうる口腔内の変化を理解するとともに、それに伴う義歯と口腔内との関係性の変化についても学習する。さらにこれらの知識を基に、義歯の破折修理、増歯修理を模型上で体験する。
・本演習は、附属歯科診療所等における歯科治療(田中)および臨床技工(伊藤)の実務経験を通して行う。

学習目標(一般目標)

・義歯装着後に起こりうる口腔内の変化を理解し、それに伴う義歯と口腔内との関係性の変化とその対応について学習する。
・義歯の破折修理、増歯修理および間接法リライニングの技工操作を習得する。

学習目標(到達目標)

・義歯の破折修理、増歯修理の手法を学習し、それを実践できる。

成績評価方法

総合判定とする
① 筆記試験 45%
② 完成技工物の評価 45%
③ 受講態度 10%

成績評価基準

① 筆記試験 60%以上を合格とする。

② 完成技工物の評価
  評価項目に沿って評価をし、60%以上の得点を合格とする。
  評価項目は、第1回目の講義時に配布する。
 
③ 受講態度の評価
  実習以外のことを行っている場合や著しい私語をしている場合、減点の対象とする。

試験・課題のフィードバック

○提出課題(技工装置、レポートなど)
・採点、検印表の添削後、返却

学修成果 (評価の目安)

・義歯装着後に起こりうる口腔内の変化を理解し、それに伴う義歯と口腔内との関係性の変化について学習する。
・義歯破折の原因や、さまざまな修理法を説明できる。
・義歯の破折修理、増歯修理の技工操作を理解している。
・義歯の破折修理、増歯修理を実践することができる。

達成度の評価

ディプロマポリシー定期試験レポート課題受講態度合計
302020575
2525
合計3020455100

指定教科書

最新歯科技工士教本 有床義歯技工学(最新歯科技工士教本)

参考図書等

・第6版 コンプリートデンチャーテクニック (医歯薬出版)
・なぜ壊れ、どう直すのか DENTURE REPAIR 補綴臨床別冊 (医歯薬出版)

留意事項

田中担当の講義では、Moodleに講義の資料をアップし、プリントを配布します。また動画コンテンツを用いることもあるので、必ずi-padを持参してください。
また時々教科書を使うことがありますので、有床義歯技工学の教科書を持参してください。(歯科衛生士学科の学生は、歯科補綴の教科書を持参してください。)