授業科目概要

不正咬合の形態や機能について改善する矯正装置について実習する。
本講義は、当校附属歯科診療所における歯科治療の実務経験に基づいて行う。

学習目標(一般目標)

・矯正装置の目的・特徴を理解する。
・各装置に使用する材料および製作方法について理解する。

学習目標(到達目標)

・各装置の種類と目的を理解できる。
・講義で習得した知識を生かして、装置の製作に模ることができる。
・矯正装置の製作に用いられる器具の名称と使い方を理解できる。

成績評価方法

【評価項目】
以下のものによる総合判定とする
① 実習課題の評価

成績評価基準

・評価大項目(要領)
  1.検印表、清掃した模型と課題を提出している
  2.指示通りの設計で、適合が良好である ※
  3.指示通りの形態に仕上がっている ※
  4.表面に不必要な凹凸が無く平滑に仕上がってる ※

 ※項目2~3の課題毎の評価項目と基準
  課題1.ワイヤーベンデイング
   1)手 指のベンディング  :外形通りに屈曲されているか否か
   2)プライヤーのベンディング:       〃
  課題2.自在鑞付け-外形通りに鑞着されているか否か
  課題3.リンガルアーチ
   1)維持部の鑞付け
   2)脚 部の屈 曲
   3)主 線の屈 曲
   4)脚部と主線の鑞付け
  課題4.床装置
   1)唇側線の適合の良否
   2)単純鉤の適合の良否
   3)アダムスクラスプの適合の良否
   4)レジン床の厚さと形態が指示通りか、研磨の良否

試験・課題のフィードバック

○提出課題(技工装置など)
・採点、検印表の添削後、返却をします

学修成果 (評価の目安)

【評価方法】
①製作課題の評価
  秀 :90点以上 評価項目1、2、3、4 ができている【技能・知識・判断・表現・意欲】
  優 :89~80点 評価項目1、2、3 ができている  【技能・知識・判断・表現】
  良 :79~70点 評価項目1、2 ができている    【技能・理解・表現】
  可 :69~60点 評価項目1ができている      【技能・理解】
  不可 :59点以下 提出遅延で減点対象である場合。
  評価対象外 0点 未提出

〔備考〕
  ・設計や実習講義録は採点表の裏に記録すること(採点対象)
  ・各ステップで検印を受けること(検印無し-1/箇所)
  ・指定時間に提出された課題を評価項目に従い採点する。
  ・提出日以降は最高60点の評価とする。
  ・未提出や提出日より一週間を超過した場合は採点対象外(0点)。
  ・教員の技術的支援で進行した工程は、チェックのみとする。

達成度の評価

ディプロマポリシー定期試験レポート課題受講態度合計
5050
5050
合計100100

指定教科書

最新歯科技工士教本 矯正歯科技工学(医歯薬出版)
最新歯科技工士教本 小児歯科技工学(医歯薬出版)
矯正歯科技工学実習書(明倫短期大学)

参考図書等

講座歯科技工アトラス4・10巻舌側弧線の製作法(医歯薬出版)
歯科技工士のための実践矯正装置製作法(クインテッセンス出版)

留意事項

・実習説明とデモンストレーションを行いますが、わからないことがあったらそのままにしないで、実習中に必ず質問をして下さい。
・配付資料は必ずファイリングしてください。