授業科目概要

歯科インプラントの治療法と上部構造の使用材料、種類、製作方法と歯周メインテナンスについて講義する。

本講義は、当学附属歯科診療所における歯科治療の実務経験(久保田)および歯科臨床技工の実務経験(飛田、山野井)に基づいて行う。

学習目標(一般目標)

・歯科インプラント治療と他の歯科補綴治療を比較した場合の利点と欠点を理
 解する。
・生体に調和した上部構造の製作に至るまでの過程を理解する。
・歯科インプラントの概要を理解する。

学習目標(到達目標)

・治療の目的と流れを理解できる。
・歯科インプラントの種類と特徴について理解できる。
・適応症や技工操作上の注意点について理解できる。
・上部構造の固定方法の種類について理解できる。

成績評価方法

【成績評価方法】
 定期試験:90%
 小テスト:10%

成績評価基準

【評価基準】
定期試験:60点以上を合格とする。60点未満の場合は再試験を行う。
小テスト:各講義の終わりに実施する小テストの状況を評価する。

試験・課題のフィードバック

試験
 ①問題用紙は返却します。
 ②受験者は解答を控えて自己採点に努めて下さい。
 ③再試験を実施する場合、必要に応じて補講時間を設けます。

学修成果 (評価の目安)

秀、優:①インプラントの治療手順を説明できる
②オッセオインテグレーションを説明できる
③上部構造の構造と種類を説明できる
④上部構造の製作法を説明できる
良、可:①インプラントの利点がわかる
    ②オッセオインテグレーションがわかる
③上部構造の構造と種類がわかる

達成度の評価

ディプロマポリシー定期試験レポート課題受講態度合計
2020
2020
4040
2020
合計100100

指定教科書

歯科技工士教本・歯冠修復技工学(医歯薬出版)
配布資料

参考図書等

口腔インプラント治療指針2016(日本口腔インプラント学会)
歯科インプラントに強くなる本(クインテッセンス)
わかる「インプラント」治療(ライフウエル)

留意事項

スライドや動画を活用するため、講義室は消灯することが多い。集中して受講すること。